TOP > シミ治療の種類と効果

シミ治療の種類と効果

シミ治療の外用薬として、ハイドロキノンという軟膏があります。


これはお肌の漂白剤とも呼ばれるほど作用の強いものであり、取り扱いには注意が必要です。
最近では化粧品に含まれていることもありますが、ごく微量ですので病院で処方される軟膏のような効果はありません。

大阪のそばかすに関する情報が閲覧できます。

病院で出されるものには、有効成分が5~10%という高い濃度で含まれていますので、すぐに効果が表れます。

大阪の肝斑について詳しく知りたいならこちらです。

トレチノインという外用薬もあります。

使用するとコラーゲンの生成量が増えますので、ハリや潤いが戻ります。また、皮膚のターンオーバーを促すことでメラニンの排出を促進させることができますので、シミの治療に効果的です。

どちらも適切な量と回数を守って使用していかなければなりませんので、医師の指示をきちんと守ることが大切です。

内服薬で処方されるトランサミンは、メラニンの生成に深く関わっているメラノサイト活性化因子をブロックすることができます。

多くの美白化粧品にも含まれているビタミンC誘導体はメラニン自体に働きかけることで、症状を緩和させます。


高い抗酸化作用があり、ビタミンEと組み合わせると効果的です。



また、L-システインもメラニンを還元する働きに優れていますので、シミの治療に用いられます。これらを利用してできてしまったシミを改善していくことは可能ですが、もっとも重要なのは予防です。
既にあるシミに対処しながら、今後できないように対策を練っていくことも忘れてはいけません。